◆インダッシュ型◆

 カーナビのインダッシュとは言葉の通りダッシュボード内に収める(イン)と言う意味です。
モニターを1DINスペースに収めた機種で、性能はオンダッシュ型と同等です。
 純正及び市販のカーオーディオと組み合わせて使います。
ダッシュボードの一部をモニター用にくり貫くようなことではなく、もともと空いている穴を利用してその部分へカーナビゲーションシステムのモニターを取り付けるということです。
その穴とはオーディオを取り付けるためのスペースのことで、オーディオの基準的サイズ、幅180mm×高さ50mmを1DINと表現し、それをいくつ取付できるかによって1DIN、2DINと表現しています。
 自動車メーカーのオーディオサイズはメーカーによりまちまちですが、市販オーディオやカーナビゲーションシステムのサイズはDIN規格で各社統一されています。
 市販のオーディオやカーナビゲーションシステムを取り付ける場合は、別売の車種別取付キットというものを利用して取り付けるものがほとんどとなっています。

 インダッシュ2DIN1体機は、(AVNタイプとも言われています。)オーディオスペースへカーナビゲーションシステムのモニターを設置するタイプでオーディオとモニターが一体になっています。
オーディオ操作もモニターの表面のスイッチで、CDやMDの音楽メディアはモニターが開きそこに挿入口が現れて挿入するようになっています。
 短所としては、インダッシュに収まるモニターサイズに制限があり、6.5インチが通常となっています。
インダッシュチルトタイプは、画面がオーディオ部分からモーターが飛び出し、更に立ち上がるという動きを持ったカーナビゲーションシステムモニターです。
 取り付けにはオーディオスペースに1DIN分の空き(小物入れなど)を持った車種に取り付けができます。
1DIN分の空きさえあれば現在使用しているオーディオを残したまま取り付けが可能です。
短所としては、電動収納モニターである分、割高で修理時も高価になってしまいます。また、立ち上がったモニターがエアコン操作部などを隠すようになっていたりすると、操作のたびにモニターを収納するなど、煩わしい面もあります。
posted by ヤマちゃん at 15:50 | カーナビ・インダッシュ型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。