◆AV一体型◆

 2008年以降、主流となっているのがAV一体型タイプと言われているものです。
カーオーディオ(CDプレーヤー/ラジオチューナーなど)とカーナビゲーションシステム、液晶ディスプレイが一体化となっているタイプで、オーディオと別々に購入するよりも安価でお得です。
2DINタイプのオーディオスペースを使うので設置できる車種には限りがあります。
操作はタッチパネルが主流ですが、中にはリモコンや音声認識による動作も可能な機種もあります。

 以前はCDを再生しながらナビゲーションができない機種もありましたが、一つの筐体に2基のCD/DVD(−ROM)ドライブを組み込んだ機種や、HDDやSDカードなど、別の記録媒体との併用により、今では後部座席のモニターなどでDVDの再生をしながら、同時にナビゲーションが可能な機種も存在しています。
近年、人気の高さを背景に、転売目的の車上荒らしによる盗難被害の拡大が指摘されており、防犯対策が問題となっています。特に後付けタイプでは、窃取するため取り外す際に、一体型であるが故に短時間で済むことも増加傾向に拍車をかけていると言われています。
posted by ヤマちゃん at 15:48 | カーナビ・AV一体型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。